新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、野党側の会合では、政府が、先月から7月観光需要の喚起策、「GoToトラベル」の実施によって感染が拡大しているのではないかという批判が相次ぎました。

立憲民主党など野党側は、政府が、先月22日から始めた観光需要の喚起策、「GoToトラベル」について、観光庁などからヒアリングを行いました。

この中で、出席した議員からは、「感染を防ぐために県境をまたぐ移動を避ける呼びかけと、移動を促す今回の政策とは矛盾している」といった指摘や、「慎重な意見があるにもかかわらず、実施したことで感染者が増えているのではないか」という批判が相次ぎました。

そして、会合では、感染拡大が続く沖縄県について、「GoToトラベル」の対象からはずすよう求める意見も出された。

また、これに先立って開かれた別のヒアリングでは、自治体の判断で感染状況を4つのステージに分ける仕組みについて、各自治体がどのステージにあるのか把握しているのかをただす質問が出され、厚生労働省の担当者は、「都道府県に報告は求めていないが、自治体の判断を尊重しながら支援している」と述べた。