将棋の藤井聡太棋聖が2つ目のタイトルをかけて、木村一基王位に挑む「王位戦」七番勝負の第4局が、19日から福岡市で行われます。ここまで3連勝で「二冠」に王手をかけている藤井棋聖は、18日の会見で「いい結果で来られているので、今までどおり気負わずに臨みたい」と意気込みを語りました。

先月、八大タイトルの1つ「棋聖戦」を制して史上最年少でのタイトル獲得を果たした藤井聡太棋聖(18)は、「王位戦」七番勝負にも挑んでいて、木村一基王位(47)を相手にここまで3連勝して「王位」のタイトル獲得まであと1勝に迫っている。

第4局が19日と20日、福岡市で行われるのを前に、2人は18日午後、対局場の「大濠公園能楽堂」を訪れ、対局で使う駒の感触を確かめたり、照明や室温などの状態を確認したりしました。

その後の記者会見で、藤井棋聖は「対局場を拝見しましたが、能舞台ということで厳かな雰囲気で、身の引き締まる思いがしました。ここまでいい結果で来られていると思うので、第4局も今までどおり気負わずに臨めればと思っています」と意気込みを語りました。

また、勝てば棋聖と王位の「二冠」になることについては「対局するにあたっては、全く意識することではないと思っているので、自然体で臨みたいです」と話していた。

一方、角番に立たされ、あとがなくなった木村王位は「1局は1局として、常に作戦を考えているので、スコアがどうであってもあまり関係ないと思っています。疲れもないように努めてきましたので、あとはいい手を指すだけです」と語っていた。

王位戦の七番勝負は来月にかけて行われ、藤井棋聖はあと1勝すれば史上最年少で「二冠」を達成し、同時に決まる「八段昇段」の最年少記録も更新することになります。