東京都は21日、都内で新たに258人が、新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表した。1日の感染の確認が200人を超えるのは2日連続です。

東京都は21日、都内で新たに10歳未満から80代までの男女合わせて258人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表した。

都内で1日の感染の確認が200人を超えるのは2日連続です。258人のうち、20代と30代は合わせて137人で、およそ53%を占めていて、40代と50代は合わせて73人で、およそ28%です。

このほか、60代が12人、70代が9人、80代が8人の感染がそれぞれ確認されている。

また、258人のうち、およそ38%にあたる99人は、これまでに感染が確認された人の濃厚接触者で、およそ62%の159人は、これまでのところ、感染経路がわかっていないということです。

これで、都内で感染が確認されたのは、合わせて1万8865人になりました。

一方、都の基準で集計した重症の患者は、21日の時点で33人で、20日より3人減りました。

また、都は、感染が確認された2人が死亡したことを明らかにしました。これで、都内で死亡した人は、合わせて350人になりました。