22日に発生した台風8号は、暴風域を伴いながら沖縄県の先島諸島の海上を北寄りに進んでいます。台風は24日にかけて沖縄本島地方や奄美地方に接近する見通しで、暴風や高波、大雨に警戒が必要です。今月26日以降には九州の西を北上する見込みで、今後の情報に注意してください。

気象庁によりますと、22日午前9時に発生した台風8号は、午後6時には沖縄県の石垣島の北西の海上を、暴風域を伴いながら北寄りに進んでいる。

中心の気圧は990ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートル、最大瞬間風速は40メートルで、中心の南東側75キロ以内と北西側35キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いている。

台風の接近に伴い、先島諸島では風が強まり、断続的に激しい雨が降っています。台風は発達しながら、24日にかけて沖縄本島地方や奄美地方に近づく見通しで、気象庁は暴風や高波のほか、大雨に警戒するよう呼びかけている。

台風は今月26日以降には暴風域を伴って、九州の西を北上する見込みで、今後の台風情報に注意が必要です。