自民党の石破・元幹事長は東京都内で記者団に対し、安倍総理大臣の後任を選ぶ総裁選挙への立候補に意欲を示した。

この中で自民党の石破・元幹事長は、記者団から、安倍総理大臣の後任を選ぶ総裁選挙への対応を問われたのに対し「こういう事態を受けて、党員や国民がどう考えるか。それに応えることが責務であれば、自分の都合は言っていられない。こうした突発的な事態を受けて、党員や国民の考えと、かい離があってはならない」と述べ、立候補に意欲を示した。