自民党の野田・元総務大臣は、国会内で記者団に対し、安倍総理大臣の後任を選ぶ総裁選挙への立候補に意欲を示した。

この中で、自民党の野田・元総務大臣は、安倍総理大臣が辞任する意向を表明したことについて、「難病を抱え、激務の総理大臣の職をこなしたことは、本当に敬意に値する。衆議院議員の当選同期や仲間のひとりとしてよく頑張られたと思う」と述べた。

そのうえで、安倍総理大臣の後任を選ぶ総裁選挙への対応について、「自民党総裁選挙に立候補するため、手を上げようとしたのは相当前のことだが、それ以来、気持ちは1日たりとも変わっていない」と述べ、立候補に意欲を示した。

一方、総裁選挙の在り方については、「しっかり党員が参加して総裁を選べる舞台づくりをしてほしい」と述べ、党員投票を実施する形で総裁選挙を行うよう求めた。