安倍総理大臣の後任を選ぶ自民党総裁選挙をめぐって、自民党竹下派は1日、幹部らが対応を協議し、菅官房長官を支持する方向で調整を進めることになりました。

竹下派は、前回おととしの総裁選挙で派内の対応が分かれ、事実上の自主投票となったことを受けて、今回は一致した対応がとれるよう調整を続けている。

こうした中、1日午後、派閥会長を務める竹下元総務会長や、参議院側の会長を務める関口参議院議員会長らが、それぞれ派閥に影響力を持つ青木幹雄元官房長官と会談した。

このあと竹下氏は、派内から立候補を求める意見が出ていた茂木外務大臣も交えて派閥幹部と対応を協議し、菅官房長官を派閥として支持する方向で調整を進めることを確認した。

また茂木氏は、今回は立候補を見送る考えを伝えたということです。