台風10号は、急速な発達を続け、日本の南の海上を西寄りに進んでいます。猛烈な強さで5日夜から6日にかけて沖縄地方に近づき、その後、勢力をあまり落とさずに7日にかけて、鹿児島県の奄美地方や九州に接近、または上陸するおそれがあります。

気象庁は、これまで経験したことがない暴風や高波、高潮、それに大雨になるおそれがあるとして、台風が接近する前に、安全な場所に移動するなどの対策を終えるよう強く呼びかけている。

気象庁によりますと、非常に強い台風10号は、4日午前9時には日本の南の海上を1時間に15キロの速さで西北西へ進んでいる。

中心の気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルとなっている。

台風の強さを示す中心気圧は、3日午前9時に970ヘクトパスカルで、この24時間で45ヘクトパスカルも下がり、急速な発達となっている。

この時間、台風10号に向かって流れ込む空気と、太平洋高気圧の縁をまわりこむ湿った空気がぶつかり、東海地方で雨雲が発達している。

名古屋市では午前11時20分までの1時間に59.5ミリの非常に激しい雨が降りました。

台風は、このあともさらに発達して猛烈な勢力となり、5日以降、沖縄県の大東島地方にかなり接近する見通しです。

5日にかけての風と波

5日にかけて予想される最大風速は、
▽沖縄地方で50メートル、
▽奄美地方で20メートルで、
最大瞬間風速は
▽沖縄地方で70メートル、
▽奄美地方で30メートルに達する見込みです。

波も高く、5日は沖縄地方で13メートルと猛烈なしけが予想され、奄美地方は8メートルと大しけになる見込みです。

予想される暴風や高波の見通しの詳細

台風10号で予想される暴風や高波の見通しは次のとおりです。

5日に予想される最大風速は、
▽沖縄で50メートル、
▽奄美で20メートル、
▽九州北部地方と九州南部で13メートル、
▽四国で10メートルとなっている。

最大瞬間風速は、
▽沖縄で70メートル、
▽奄美で30メートル、
▽九州北部地方と九州南部で25メートル、
▽四国で20メートルと予想されている。

波の高さは、
▽沖縄で13メートル、
▽奄美で8メートル、
▽九州南部で6メートルなどと予想されている。

6日に予想される最大風速は、
▽沖縄と奄美で50メートルから60メートル、
▽九州南部で40メートルから50メートル、
▽九州北部地方と四国で20メートルから24メートルとなっている。

最大瞬間風速は、
▽沖縄と奄美で70メートルから85メートル、
▽九州南部で55メートルから70メートル、
▽九州北部地方で30メートルから40メートル、
▽四国で25メートルから35メートルと予想されている。

波の高さは、
▽四国、九州南部、奄美、沖縄でいずれも9メートルを超え、
▽九州北部地方では6メートルから8メートルの予想となっている。

「特別警報」発表の可能性も

「特別警報」発表の可能性も
さらに台風は、6日・日曜日から7日・月曜日にかけて、非常に強い勢力や猛烈な勢力で奄美地方から九州に接近、または上陸するおそれがあります。

予報にはまだ幅がありますが、台風の中心が奄美地方に近づきつつある6日の午前9時には、中心気圧が915ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は55メートル、最大瞬間風速は80メートルと予想されている。

気象庁は、台風が接近する地域では、記録的な暴風や高波、それに高潮によって甚大な被害が出るおそれがあるとして、事前に、暴風などを対象とした「特別警報」を発表する可能性があるとしている。

大雨 広い範囲で警戒必要

大雨にも広い範囲で警戒が必要です。

▽沖縄・奄美は5日からあさって6日にかけて、
▽九州では6日から7日にかけて、
猛烈な雨や非常に激しい雨が降って大雨となるおそれがあります。

6日の昼から7日の昼にかけての24時間には九州南部や奄美で、400ミリから600ミリと記録的な大雨になると予想されるほか九州北部や四国などでも大雨になる見込みです。

台風から離れている東日本の太平洋側でも、7日にかけて大雨となるおそれがあります。

上陸しなくても広範囲で大きな被害のおそれ

西よりの進路をとった場合は、九州に上陸せずに北上することになりますが、気象庁は、
▽暴風域が広いことや、
▽勢力が極めて強いこと、
▽海上では勢力が衰えにくいことなどから、
広い範囲で大きな被害が出るおそれがあるとしている。

今からできる備えを

台風が近づくと、暴風雨で身動きができなくなります。近づく前に、備えを進めておくことが重要です。

進路にあたる地域の方は
▽自宅周辺のリスクをハザードマップで確認する、
▽避難場所や避難を始めるタイミングを検討する、
そして
▽避難の際に持ち出す物を用意しておくなど、
今のうちにできる備えを進めてください。

政府 関係閣僚会議 開催へ

台風10号の接近を受けて、政府は、4日午後3時半から、総理大臣官邸で関係閣僚会議を開き、安倍総理大臣をはじめ、菅官房長官や関係閣僚が出席して、今後の対応を協議することにしている。

菅官房長官「命を守る行動を」

菅官房長官は、閣議のあとの記者会見で、台風が接近する地域では、記録的な大雨、暴風、高波、高潮となるおそれがあるとして、備蓄品や避難経路の確認などの事前の備えを進めるとともに、不要不急の外出を控え、自治体の避難情報に基づく早めの避難を心がけるなど、命を守る行動をとるよう呼びかけた。

また、「台風10号の接近に伴って、長崎、和歌山両県の8か所のダムで事前放流を実施している。先般の台風9号では、全国の11か所のダムで事前放流を実施している。これらを含め、九州を中心とする一連の大雨を含め、6月以来きょうまでに、全国51か所のダムで事前放流を実施し、大雨の際に下流の水位を下げる取り組みをしている」と述べた。

赤羽国交相「9つのダムで事前放流開始」

台風10号の接近を受けて赤羽国土交通大臣は、4日の閣議のあとの会見で「記録的な大雨になるおそれがあり、利水者と締結した協定にもとづいて長崎県にあるダムなど9つのダムで事前放流を開始し、ほかのダムでも準備を進めている」と述べた。