大型で非常に強い台風10号は、沖縄県の大東島地方を暴風域に巻き込みながら北寄りに進んでいます。台風は6日は、沖縄地方と奄美地方に近づき、その後、7日にかけて、九州に接近、または上陸するおそれがあります。気象庁は、今までに経験したことが無い記録的な暴風や高波、高潮、大雨になるおそれがあるとして、台風が接近する前に対策を終えるよう強く呼びかけている。

気象庁の発表によりますと、大型で非常に強い台風10号は5日午後7時には南大東島の南80キロの海上を1時間に15キロの速さで北北西へ進んでいるとみられる。

中心の気圧は920ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルとなっている。

大東島地方が暴風域に入っていて、最大瞬間風速は南大東島で午後5時36分に48.1メートル、長崎県佐世保市では午後4時36分に22.7メートルを観測した。

台風は、勢力を維持したまま、6日未明に大東島地方へ、6日午後にかけて奄美地方へ、最も接近する見込みです。

その後も北上を続け6日午後から7日にかけて九州に接近、または上陸するおそれがあります。

九州南部では今までに経験したことが無い記録的な暴風や高波、高潮で甚大な被害が出るおそれがあるとして、気象庁は、事前に、暴風などを対象とした「特別警報」を発表する可能性があるとしている。

暴風は大東島地方では6日にかけて、奄美地方、九州南部では6日から7日にかけて吹くと予想され、一部の住宅が倒壊するおそれがある猛烈な風が吹くところもある見込みです。

海は、沖縄・奄美、西日本で7日にかけて猛烈なしけとなり、東日本の太平洋側でも6日から7日にかけて大しけとなる見込みです。

台風が接近する地域では記録的な暴風や高波となるおそれがあります。

大雨にも警戒が必要です。

沖縄地方や九州南部・奄美地方では5日夜遅くから6日にかけて、九州南部や九州北部地方では6日から7日にかけて雷を伴って猛烈な雨が降り、大雨となるおそれがあります。

気象庁は、今までに経験したことが無い記録的な暴風や高波、高潮、大雨になるおそれがあるとして、台風が接近する前に対策を終えるよう強く呼びかけている。

進路にあたる地域の方は、自宅周辺のリスクをハザードマップで確認する、避難場所や避難を始めるタイミングを検討する、そして避難の際に持ち出す物を用意しておくなど、今のうちにできる備えを進めてください。