大型で非常に強い台風10号は鹿児島県の奄美地方や種子島・屋久島地方を暴風域に巻き込みながら北上しています。鹿児島県屋久島町北部付近では猛烈な雨が降ったとみられ、気象庁は「記録的短時間大雨情報」を発表しました。6日夜から7日にかけて九州にかなり接近し、今までに経験したことがない記録的な暴風や高波、高潮、大雨になるおそれがあり、気象庁は最大級の警戒を呼びかけている。

気象庁の発表によりますと、大型で非常に強い台風10号は正午には、鹿児島県の奄美大島の東90キロの海上を1時間に20キロの速さで北へ進んでいるとみられる。

中心の気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで、中心の東側330キロ以内と西側165キロ以内では暴風が吹いている。

この時間、鹿児島県の奄美地方に最も接近しているほか、種子島・屋久島地方も暴風域に入っていて、鹿児島県の喜界島では午前9時30分すぎに38.6メートル、奄美市笠利では午前11時半ごろに37.6メートルの最大瞬間風速を観測した。

九州南部を中心に雨も強まり、鹿児島県屋久島町北部付近では午前11時40分までの1時間に120ミリ以上の猛烈な雨が降ったとみられ、気象庁は、災害の危険が迫っているとして「記録的短時間大雨情報」を発表した。

これまでの雨で、屋久島町では土砂災害の危険性が非常に高まり土砂災害警戒情報が発表されている。

今後の見通しです。
台風は非常に強い勢力を維持したまま6日夜には九州南部に、7日にかけて九州北部にかなり接近する見込みです。

▽奄美地方では6日夜遅くにかけて
▽九州南部ではこれから7日の明け方にかけて
▽九州北部では6日夜遅くから7日昼前にかけて、一部の住宅が倒壊するおそれがあるような猛烈な風が吹くおそれがあります。

7日にかけての最大風速は
▽奄美地方で50メートル、
▽九州南部で45メートル、
▽九州北部で40メートル
▽四国と中国地方で25メートル
▽近畿と沖縄で23メートルと予想され、九州や奄美の最大瞬間風速は60メートルから70メートルに達する見込みです。

7日にかけて沖縄・奄美、九州、四国では10メートルを超える猛烈なしけとなり、近畿や東海でも大しけとなる見込みです。

さらに、台風10号の接近に伴い、奄美地方や西日本では記録的な高潮となって、海岸付近や河口付近などで大規模な浸水のおそれがあります。

大雨にも警戒を

奄美地方では6日夕方にかけて、九州南部や九州北部ではこれから7日の午前にかけて、雷を伴って猛烈な雨が降るほか、西日本や東日本の広い範囲でも太平洋側を中心に激しい雨が降り、各地で大雨となるおそれがあります。

7日昼までの24時間に予想される雨の量は、いずれも多いところで、
▽九州南部で600ミリ、
▽九州北部で500ミリ、
▽四国と東海で400ミリ、
▽奄美地方で300ミリ、
▽近畿で250ミリ、
▽関東甲信と中国地方で150ミリと予想されている。

その後、8日昼までの24時間には
▽東海で300ミリから400ミリ、
▽関東甲信で200ミリから300ミリ、
▽四国と近畿で100ミリから150ミリの雨が降る見込みです。

台風が接近する地域では、土砂災害が多発し、大きな河川でも氾濫するおそれがあります。

気象庁は6日午前、台風10号がやや勢力を弱め、鹿児島県で台風の特別警報を発表する可能性は低くなったと発表した。

ただ、台風が非常に強い勢力で九州などに接近する予想に変わりなく、今までに経験したことがない記録的な大雨や暴風、高波、高潮で甚大な被害が出るおそれがあるとして、最大級の警戒を呼びかけている。

台風の進路にあたる地域では、これから急激に風や雨が強まる見込みで、事態が悪化する前に安全な場所への避難を終えるようにしてください。

一方、風や雨が強まってからの避難は命に関わるおそれがあり、非常に危険です。安全な場所に移動したあとは、外出を控えるようにしてください。