アメリカのトランプ大統領は、自身とメラニア夫人の2人が、新型コロナウイルスの検査で陽性の結果が出たと明らかにした。
トランプ大統領の主治医は「2人とも体調は良好で、回復するまでホワイトハウスにとどまる予定だ」としている。

トランプ大統領は2日未明、日本時間の2日午後2時前、みずからのツイッターで「今夜、妻と私は新型コロナウイルスの陽性と判定された。直ちに隔離と回復のためのプロセスを開始する。この新型ウイルスをともに乗り越えていく」と投稿した。

主治医「体調良好 公務に支障ない」

主治医「体調良好 公務に支障ない」
ホワイトハウスは、トランプ大統領の主治医がまとめた報告書を公表し、「2人とも体調は良好で、回復するまでホワイトハウスにとどまる予定だ」としている。

そのうえで、「引き続き、職務にあたることができると判断している」として、公務に支障はないという見方を示している。

トランプ大統領とメラニア夫人は最側近のホープ・ヒックス氏が1日、新型コロナウイルスの検査で陽性と判定されたことから、検査を受け、自主的な隔離措置をとっていた。

大統領選挙がおよそ1か月後に迫る中、トランプ大統領が陽性と判定されたことは今後の選挙戦にも影響を及ぼす可能性があります。

ホワイトハウスは、事前に発表していた2日の大統領の日程を急きょ変更した。

当初は、南部フロリダ州を訪れて多くの支持者を集めた選挙集会を開くことになっていましたが、それをとりやめ、ホワイトハウスから電話で参加する新型コロナウイルス関連の行事のみにするとしている。

アメリカで新型コロナウイルスの感染が拡大し続けるなか、トランプ大統領は当初、消極的だったマスクの着用を国民に呼びかけ、みずからのマスク姿も見せて感染防止対策をとっていると主張していた。

しかし新型コロナウイルスをめぐる大統領の言動については、専門家の助言を軽視しているとして、疑問視する声があがっていた。

トランプ政権では、ことし5月にはペンス副大統領のミラー報道官が、7月にはホワイトハウスで安全保障問題を担当するオブライエン大統領補佐官の感染が明らかになっている。

感染明かす約4時間前 テレビに電話出演

トランプ大統領は、感染を明らかにする4時間近く前、FOXニュースの生放送の番組に電話出演していましたが、声の調子などに特段変わった点は見られませんでした。

メラニア夫人「体調はよい」ツイッターに投稿

トランプ大統領と同様に陽性の結果が出たメラニア夫人はツイッターに投稿し、「大勢のアメリカ人が行ったように、大統領と私は、新型コロナウイルスの検査で陽性が確認された後、家で隔離に入っている。私たちの体調はよい。私は今後の行事をすべて延期した」として、大統領と自身の体調に問題はないとしている。

大統領選や政権運営に影響が出る事態も

大統領選や政権運営に影響が出る事態も
新型コロナウイルスの検査で陽性の結果が出たことで、トランプ大統領の今後の選挙戦に影響が出る可能性があります。

トランプ大統領は新型コロナウイルスの感染が拡大する中でも連日、接戦が予想される州を訪れて多くの支持者を前に演説を行っていましたが、隔離期間中はこうした選挙運動は行えなくなります。

大統領選挙までおよそ1か月となる中で、当面の間は選挙運動がオンラインや電話で参加できるものに限られることになると見られる。

さらに懸念されるのは政権運営への影響です。

万が一、トランプ大統領が職務を行うことができなくなった場合は憲法の規定に基づいて、ペンス副大統領が職務を代行します。

ただトランプ大統領は検査を受けていることなどを理由に、感染予防のためのマスクを着用することがほとんどなく、メラニア夫人やヒックス氏だけでなくペンス副大統領など大統領の周辺にも感染が拡大しているおそれもあります。

仮に政権内で感染が拡大すれば、新型コロナウイルスによる死者が20万人を超えるなど政府の対応が求められる中、政権運営に影響が出る事態も想定される。

ホープ・ヒックス氏とは

ホープ・ヒックス氏はトランプ氏の長女、イバンカ氏のファッションブランドで広報を務めるなど、トランプ氏が大統領に就任する前から一族の仕事に携わっていた。

トランプ氏は、2016年の大統領選挙に向けてヒックス氏を自身の選挙陣営の報道官として起用し、よくとし大統領に就任してからも側近として処遇し続けた。

ヒックス氏はまず2017年に、ホワイトハウスに新たに設けられた「戦略広報部長」という役職に就き、その後2017年から2018年にかけて、ホワイトハウスの広報部長を務めます。

いったん政権の役職を離れたものの、ことし3月から大統領の顧問としてホワイトハウスに戻り、主にイバンカ氏や娘婿のクシュナー氏の広報戦略などに関わってきた。

来月の大統領選挙に向けてトランプ大統領の遊説に同行することも多く、今週、オハイオ州で行われた大統領選挙の候補者によるテレビ討論会や、翌日、ミネソタ州で行われた集会にも同行し、大統領専用機にも同乗していた。

海外メディアも一斉に速報

アメリカのトランプ大統領が新型コロナウイルスの検査で陽性になったと明らかにしたことについて、海外のメディアは一斉に速報で伝えている。

このうちCNNは「この数十年間のアメリカ大統領で最も深刻な健康上の脅威だ」と伝えていて、「すでに混乱している政治情勢がさらに不安定化する可能性がある」と報じている。

またイギリスの公共放送BBCは「今月15日に予定されている第2回の大統領選挙の討論会にどのように影響するのか分からない」と報じている。

アメリカの有力紙、ニューヨーク・タイムズは「トランプ大統領にとって33日後の大統領選挙に差し迫った困難をもたらす可能性がある」として、大統領選挙に影響を及ぼす可能性に言及した。

感染した各国首脳や政府関係者

これまでに世界各国では、イギリスやブラジルの首脳のほか、政府関係者などが新型コロナウイルスに感染している。

▽ことし2月にはイランのエブテカール副大統領が、

▽3月には、イギリスのジョンソン首相が感染を明らかにした。
ジョンソン首相は翌月、容体が悪化し、一時、集中治療室で処置を受けた。

▽3月には、カナダとスペインで首相夫人の感染も確認された。

▽5月には、ロシアのミシュスチン首相が、

▽7月には、旧ソビエト・ベラルーシのルカシェンコ大統領が、感染していたことを明らかにした。

また、
▽7月には南米ブラジルのボルソナロ大統領が感染したことを明らかにしていて、ブラジルでは8月までに、閣僚の3分の1に当たる8人の感染が確認された。

▽先月には、フランスのルメール経済相が感染を明らかにした。